しんくんが運営しているオススメスポット体験記

本サイトはライターさんが実際にオススメスポットに足を運び、体験したことを基に記事を執筆しています。

東京にもあったんだ。天望デッキで天からの傍観者になれる場所「東京スカイスリー」!

 東京から離れたところへ住んでいる人はもちろん、東京に住んでいても意外と行ったことのないという人がいるのが、東京スカイツリーというスポットです。

 東京スカイツリーへは、東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅か、半蔵門線の押上(スカイツリー前)駅から徒歩で行けます。

 私の目的は東京の友人に会うことでした。

 しかし、私は東京の友人と、思い切って行ってきました!

 私は、スカイツリーの大きさと高さに、興奮しっぱなしでした。

 まずは、その外観を見せつけられました

 それがこちら!

f:id:osusumesupotto:20190607112315j:plain

 この角度からは、行ってみないと、中々見られないのではないでしょうか。

 この迫力は、圧巻です。

 写真の貼り方が下手くそと思った方は、写真のセンスはありません。

 話を戻します。

 私は、上を眺めましたが、高すぎて上が見えませんでした。

 外観に満足したら、もうチケットを購入したい気持ちにかられ、チケットを求めるべく建物へ駆け込みました。

 チケットブースを目指したのですが、土曜だったので、結構並びました。

 チケットは、何種類かありましたが、私は、天望デッキまでのチケットと敢えて購入しました。

 参考までに、大人が平日2,100円、土日は2,300円です。

 チケットを購入し、いよいよスカイツリーへ。

 スタッフの方が、スカイツリーにまつわるお話をしてくださり、それを聞きながらエレベーターに乗り込みます。

 エレベーターはぐんぐん上がり、私は、緊張しながらその時を待ちました。

 そしてエレベーターが着き、外へ出ると、私は、思わず声を上げてしまうほどの高い所へ来ていたのです!

 すっかり小さくなってしまった街をじっと見たり、下をのぞき込んだりして楽しみます。

 スカイツリーでは、スカイツリーから見える街並みの地図を貰えます。

 そのため、「この建物はどこにあるかな?」と、地図と実物を見比べながら探すことができて楽しかったです。

 展望台から外の景色を見ていると、人なんて小さいというレベルの話では無いほど小さかったです。

 そして、車は、まるで小さな生き物のように見えました。

 自分が天からの傍観者になったような気分で、面白かったです。

 電車も、まるでイモムシのようで、不思議な感覚でした。

 こんな天からの傍観者になった私が撮影したスカイツリーからの景色はこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190607112436j:plain

 高いビルが目立ちますが、目を凝らしたら普通の建物は、小さすぎてよく分かりません。

 私は購入しませんでしたが、喉を潤すところもありました。

 そのお店の名前は「SKYTREE CAFE」です。

 このお店では、飲み物を売っていて、テーブルになっている場所もあるので、喉が渇いたら飲み物を飲みながら、景色を楽しむこともでき、最高の一杯も楽しむことができます。

 恐らくここでの一杯は、格別です。

 スカイツリーは、チケットを購入することで、天望デッキよりも更に上の天望回廊へ行くことができます!

 最初から天望デッキとセットのチケットも購入できます。

 最初は、天望デッキしか見ない予定だった方にも安心できるシステムが用意されています。

 それは、天望デッキにあるカウンターで、追加で購入することもできるというサービスです。

 参考までに、大人は平日1,000円、土日は1,100円です。

 私は、天望デッキで天から傍観者になれた喜びから、追加でチケットを購入しました。

 そしてまた、エレベーターに乗ります。

 エレベーターを降りると、更に高い景色が!

 さすがに高すぎて、私は、訳が分かりませんでした。

 廊下のようになっているので、ずっと外を見ながら歩きます。

 景色を十分に楽しんで歩いたら、エレベーターで天望デッキへ下りました。

 スペースが限られていましたし、天望回廊ではそんなに時間が取れない印象でした。

 そして天望デッキへ戻ってくると、待ちに待っていた「ガラス床」のところへたどり着きます。

 スカイツリーには、下が透けて見える部分の「ガラス床」があります。

 最初はどこにあるのだろうと思っていましたが、順路的に天望回廊から戻って来てからになりました。

 私は高い所が大好きなので、嬉々として立つことができました。

 本来あまり撮影する方はいないと思いますが、私は嬉しさのあまり撮影しました。

 「ガラス床」はこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190607112555j:plain

 非常に高かったです。

 これほど高いと、私は、恐怖心というのが更に薄れてしまって、一度では気が済まず、何度か戻って通りました。

 高いところが大好きな私には、恐怖心は薄れたものの、スリル満点で楽しかったです。

 高い所が大好きな人はもちろん、高所恐怖症でも高すぎて恐怖心が薄れるから楽しめるこの「東京スカイツリー」です!

 あんな高い場所から街を見下ろせることは、そうそうありません。

 ですので、少しチケットが高額ですが、人生で一度は行って損しません。

 ぜひ、東京観光する際や、近隣でまだ行っていない人は、一度行ってみてください!

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

ブログはこちらです。

 

▼この記事を編集した編集者

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。