しんくんが運営しているオススメスポット体験記

本サイトはライターさんが実際にオススメスポットに足を運び、体験したことを基に記事を執筆しています。

令和元年5月1日にオープンした兵庫県赤穂市にあるGelato Shop TETEへ行き、もっちり感があるきなこ味とリッチミルク味ジェラートを食べてみました!

近頃気温が変わりやすい毎日ですが、暑い日も増えてきましたよね。

 

そんな暑い日。

暑いのが苦手な人はもちろん、私のように寒がりの人でも、一緒に楽しめる方法があります。

 

それは、ジェラートを食べること!

 

ということで、5月1日にオープンしたばかりのジェラート屋さん「Gelato Shop TETE」へ行ってきました!

 

外観はこちらです。

f:id:osusumesupotto:20190509123442j:plain

めちゃくちゃ可愛いですよね。

外観を調べずに行ったので、驚きました。

 

Vサインのような真っ白でオシャレな看板が、晴天に眩かったです。

広いガーデンに牛の置物が沢山置いてあって、白と黒のコントラストが上品な外観となっています。

 

このTETEへの行き方については地図を見れば分かると思うのですが、せっかく直接行ったので、その観点からの行き方をご紹介しておきますね。

 

赤穂市に既にいる前提でお話しますと、まず赤穂市民病院が左手に面する道(千種川沿いではない方)を真っ直ぐ進みます。

 

そのまま「千鳥ヶ浜ロード」に入って、「シーサイドゴルフガーデン」を通り過ぎて最初の十字路を右折します。

 

そのまま走っていると右手側に当ジェラート屋さんTETEが見えてきますので、その角を右折すると右側に駐車場がある、という感じです。

 

「シーサイドゴルフガーデン」の手前の道を右折しても行けるのですが、広くて分かりやすいのはこの方法ですね。

 

ところどころに可愛らしい看板も出ているので、迷うことはなかったです。

 

さあ、そのような感じで無事に着きまして、駐車しました。

駐車場は大きくないですが、皆ジェラートを食べたら帰るので、いっぱいにはならないという感じでしたね。

平日だったのもありますが。

 

中に入ると、まだ新しい建物の匂いがしました。

 

ここは、機械で券を買って店員さんに渡し、ジェラートの味を選んで渡してもらうというシステムでした。

 

機械で「店内」か「持ち帰り」を選ぶことができて、あとはコーン若しくはカップで、シングルなのかダブルなのかを選べます。

そうして券を購入し、その券を店員さんに渡して味を告げるという感じです。

 

ジェラートの味には、一般的なフルーツの味は少なかったです。

クッキークリームのような味とか、トロピカルフルーツ系とか、いちごミルクとか、きなことか、ミルクとか。

その他にも、こだわり抜いたという感じのオリジナリティ溢れる味が沢山ありました。

 

私は、カップのダブルにしていたので、きなこ味と、リッチミルク味を選びました。

 

店内で食べる設定にしていたので、カウンターに座ります。

 

そのジェラートがこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190509123521j:plain

入り方もおしゃれですよね。

上がきなこ味で、下に見える白いアイスがリッチミルクです。

刺さっているのはスプーンです。

 

因みにシングルのカップは350円、ダブルだと450円でした。

結構たっぷりと入っているので、これで450円は安いと感じました。

 

きなこ味のジェラートを食べるのは初めてでした。

ドキドキしながらきなこ味を口に運びます。

次の瞬間・・・

 

「美味しい!」

 

と、思わず笑ってしまいました!

 

ジェラートのもっちりした感じと、きなこの味が非常によく合っていました。

最高の気分で、時々下のリッチミルクを混ぜながら食べます。

 

そしてきなこを食べ終わると、リッチミルクの時間。

このリッチミルクも、ミルクの味わいと香りが口いっぱいに広がる美味しさでした。

 

ミルクには、ミルクとリッチミルクの2種類の味があります。

ミルク好きの方は、ダブルにしてミルクとリッチミルクを選び、食べ比べてみるのも良いかもしれませんね。

 

店員さんに「ミルクとリッチミルクどう違うのですか」と聞いたら、リッチミルクはかなり人気です!と教えてもらったので、私は最初からちゃっかりリッチミルクを選びました。

 

食べ終わる頃には結構お腹いっぱいになるので、食後のデザートにする場合はお食事を腹6~7分目くらいにしてから行くのがおすすめです!

 

若しくはおやつで食べるのなら、お腹が空いている時には最適なボリュームと満足感ですよ!

すぐお腹がいっぱいになるという方や小さいお子さんは、シングルにしておいた方が良いかもしれません。

 

店内だけでなく外にも席があったので、もう少し暑くなると外で食べても気持ち良いと思います。

 

おしゃれで可愛いジェラート屋さんで、ぜひ美味しいジェラートを味わってみてください。

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

 

▼この記事を依頼したライター

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。