オススメスポット体験記

本サイトはライターさんが実際にオススメスポットに足を運び、体験したことを基に記事を執筆しています。

兵庫県の神戸モザイクにあるバイキングのお店!お寿司からイタリアンもデザートも美味しい「フィッシャーマンズマーケット」へ行きました!

 今回は、私が神戸に行ったら必ずと言って良いほどランチするお店をご紹介します。

 それは、神戸モザイクにあるバイキングのお店「フィッシャーマンズマーケット」です!

 神戸モザイクは、JR神戸駅を降りて徒歩約7分の場所にあります。

 神戸モザイクに入り、少しばかり歩くとすぐに見えてきます。

 その外観はこちら!

f:id:osusumesupotto:20190523125924j:plain

 おしゃれな外観です。

 右手に大きく出ている部分は、料理をしている様子が見えます。

 真ん中辺りのガラス張りになっている部分が入口です。

 一番左には料理の一例が飾られていて、その右側のパネルには、メニューや料金が書かれています。

 11時からなので、お腹を空かせて開店待ちをするのがオススメです!

並ぶこともできます。

 平日でしたら、12時を過ぎてから行っても席には結構余裕があるので、慌てることはありません。

 お店に入ったら、店員さんが人数を確認し、席に案内してくれます。

 その時に、海側の席か料理に近い席かを選べるので、お好みで選びましょう。

 ここでポイントなのが、実はこのお店予約もできるのですが、予約をした場合、2時間制などの時間制限が課されます。

 また、席も海側の席限定となります。

 これは、便利なようで不便な制約だと思うので、もし平日に行く場合は、敢えて予約をせずに行くのがオススメです。

 その方が席を選べますし、何時間いても大丈夫です。

 普段海が見られないという方や景色を楽しみたいという方は海側の席を選んでも良いと思いますが、私は料理に近い席の方がオススメです。

 なぜかと言うと、店内が結構広いので、海側の席を選ぶと料理を取りに行くのに、他の席を避けながら結構な距離を歩かなければなりません。

 また、海側の席に面してすぐ隣に通路があるので、海を見ていたらそこを行き交う人達と目が合いそうになってしまいます・・・

 あとは、光に弱いと少し眩しいです。

 その3点を覗いたら、もちろん海が見える最高の席なので、海が好きだし全然気にならないという方はぜひ海側も選んでください。

 さて、入って席を決めたら、料理を取りに行けます。

 お店の中から見て、左手にはお寿司、左奥にはサラダがあり、その右にパン類、ピザなどが並んでいます。

 左側の真ん中辺りのスペースには、小さいケーキやフルーツ、アイスクリームなどのデザート類が用意されています。

 どれも色とりどりで、美味しいです。

 和食やお肉を食べたい場合は、右側から行きましょう。

 右手から、和食のおかずやお肉料理、ウィンナーやフライドポテトも並び、その左にはパスタが4種類以上用意されています。

 更にその左にはスープ類もあり、どれも美味しそうで迷います。

 平日は比較的空いているので、ずらりと並んで進めないほど混むということは少ないです。

 ここで、この間実際に食べた料理をご紹介します。

 それがこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190523130038j:plain

 左下にあるのは、ロールキャベツです。

 私はロールキャベツ大好物なのですが、ここのロールキャベツもとろとろで食べやすくて、とっても美味しいです。

 手前にあるのは、言わずもがなピザです。

 ピザはいつも3種類ほどあります。

 シーフードピザやチーズ系のピザなど、日替わりで様々な種類のピザが用意されています。

 生地が厚めでしっかりとした食べ応えです。

 住んでいる場所が田舎で宅配ピザが周りにないので、ここへ来たら必ず食べます。

 右奥のキュウリやブロッコリーはサラダコーナーで取って来たものです。

 ドレッシングも数種類の中から選べるので、好みのドレッシングで野菜を味わえます。

 真ん中の奥はマカロニサラダです。

 マカロニサラダの下は、魚を揚げたものです。

 魚も大好物ですので、旨味があってジューシーで、最高に美味しいです。

 左上にある塊は、パエリアです。

 気持ち、取ってみました。

 当時パエリアは初めて食べるので遠慮がちにしましたが、もっと取れば良かったかなと思うくらい美味しかったです!

 もちろん何度も取りに行けるので、こういった後悔もドンと来いです。

 左上にあるのは、ハンバーグです。

 柔らかくて、ジューシーで、美味しいです。

 このあと似たような料理を2皿目取りに行って、お腹が膨れてきたのでデザートにしました。

 ちょっとこの日はあまり食べられなかったのですが、体調によってはデザート前に3皿いける時もあります!

 それくらい美味しいです。

 そしてデザートはこちら!

f:id:osusumesupotto:20190523130143j:plain

 左のお皿に載っているケーキは、紅茶のケーキです。

 紅茶は苦手で飲めませんが、ここの紅茶のケーキは格別に美味しいです。

 あとはロールケーキと、オレンジです。

 過去にバイキングのお店でフルーツ(メロン)を食べて、ほとんど味がしなかったという悲しい経験をしたことがありますが、ここのフルーツは甘くてジューシーで美味しいです!

 右のお皿には、アイスクリームです。

 アイスクリームは、バニラやイチゴ、チョコの王道メニューを始めとして6~7種類くらいあります。

 私はメロンとチョコを選びました。

 メロンのアイスクリームって大好きなのですが、あまり売っていないんです。

 なのでこれも、ここへ来たら必ず食べるものの一つです。

 デザートもいける時は2周いきますが、前回はこれでおしまい。

 お皿は片付けてくれるので、そのまま入口近くのカウンターまで伝票を持って行けばOKです!

 和食に洋食にお寿司にスープ、デザートも何でも揃っていて美味しい、フィッシャーマンズマーケット。

 料金も大人一人2,000円ちょっとなので、ちょっと欲張ったら元も取れます!

 神戸に遊びに行った時は、ぜひモザイクに寄って、楽しいバイキングランチやディナーを堪能してくださいね!

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

ブログはこちらです。

 

▼この記事を編集した編集者

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

実はマーケティングの最先端は、巣鴨駅徒歩5分圏内おばあちゃんの原宿、巣鴨地蔵通り商店街にあった

 私は、先日JR線巣鴨駅徒歩5分圏内にある巣鴨地蔵通り商店街に行きました。

 改札を出て、信号がありますので、信号を渡って、右手を真っ直ぐに歩くとおばあちゃんの原宿巣鴨地蔵通り商店街に着きます。

 歩いている途中に誘惑があります。

 その誘惑は、とげぬき地蔵と言われている高石寺と勘違いをしてしまうお寺があります。

 どうして、高石寺と勘違いをしてしまい、そこを参拝し、とげぬき地蔵に行ったつもりになってしまうのでしょうか。

 仮に修学旅行で初めて東京に来き、地元に修学旅行生が戻った際に、大恥をかくことになります。

 どうしてか分かりますか。

 高石寺と勘違いをされてしまうお寺の目の前にある交通案内に問題があるように思います。

 どうしてとげぬき地蔵入口のようなことが書いてあるんでしょう。

 私は歩いていた際、その交通案内を見、高石寺と勘違いをし、とげぬき地蔵に行く前に、参拝をしてしまい、巣鴨駅に戻ってしまうところでした。

 私は幸い、以前、巣鴨に来たことがあったので、辛うじて大恥をかかずに済みました。

 おばあちゃんの原宿巣鴨は、もう現代のマーケティングの最前線を行っていました。

 アーケードを潜り、歩いていると、別世界でした。

f:id:osusumesupotto:20190622084149j:plain

 昔ながらのお店がたくさんあり、デジタルではないものの手書きでお店にUSPが書かれた紙が貼ってありました。

 そして、もう私は次の瞬間、スマホを取りださざるを得ませんでした。

 巣鴨地蔵通り商店街では、歩いているだけで、Wi-Fiに入れるシステムが構築されていたみたいです。

 しかも、無料です。

 このことは、何を意味しているんでしょうか。

 そうです。

 写真・動画を撮影し、SNS・ブログにしっかりと拡散して欲しいということではありませんか。

 私は、おばあちゃんからのメッセージをしっかりと受け取り、こうしてブログを執筆しています。

 おばあちゃんには、少し申し訳なかったのですが、時間差でSNSにも写真を拡散しました。

 どうか、ブログとSNSに投稿したので、おばあちゃん、許して下さい。

 確認しないと気が済まない場合には、エゴサして下さいね。

 巣鴨地蔵通り商店街を歩いていると、途中でとげぬき地蔵と面会することができます。

 少し分かりずらいかもしれませんが、目を凝らして見ていると、見つけることができます。

 巣鴨地蔵通り商店街は、長いので、途中で、「どうしようとトイレ」となった際にも、お店によっては、無料でトイレを使わせてくれます。

 仮にお店のトイレをどうしても使わないといけな場合には、黙って用を済ませ、去って行くのではなく、しっかりと商品を購入し、お礼をしてからお店から出て行きましょう。

 そのことで、お店の人は、笑顔であなただけに「ありがとうございました」と優しく言ってくれると思います。

 あなたもすっきりした気分になれます。

 「巣鴨はあまり見る所がない」と思われがちです。

 しかし巣鴨だからこそ、気づけることがあります。

 そして、これからは若者よりお年寄りが増えると言われています。

 このことを考えると、巣鴨に行かない理由はないですよね。

 この記事を購読している人は、既に山手線に乗り、巣鴨に上陸しているかもしれません。

 あなたは、どうしますか。

 もう、心は決まっていますよね。

 

▼この記事を執筆したライター

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

兵庫県加古川市にあるニッケパークタウンへ行き、「肉タレ屋」の柔らかくボリューム感がある焼肉定食を食べてきました!

 平成28年10月にリニューアルオープンしたようです。

 私はずっと気になっていました。

 先日、ようやく行ってきました!

 JR線加古川駅で降りて、西の方へ歩くと、約7分で到着します。

 建物が見えてから入口まで、一見遠く感じるのですが、歩いていると思っているより短い時間で到着しました。

 ニッケパークタウンの前には、通路を作るような感じで、お店が並んでいました。

 その様子が、こちらです。

f:id:osusumesupotto:20190519120413j:plain

 見えますか?

 私はお店が両脇に並んでいる感じが伝わるように、引き気味で写真を撮ってみました。

 写真の真ん中より少し上に視線を移していただくと、「NIKKE PARKTOWN」という文字が見えると思います。

 その下、奥まった所が入口です。

 ニッケパークタウンからは少し外れますが、私は左手に見えている100円パンのお店も、帰りに寄ってみました。

 美味しそうなパンがどれも100円で、レモンのパン・オレンジのパン、フルーツを活かした新発売のパンもあり、中々おしゃれでした。

 勿論、美味しかったです。

 レジはお金を払うだけで、袋詰めは自分でするので、小ぶりな店内でもレジが混まなくて良かったです。

 ニッケパークタウンに行った時は、ぜひセットでここのパン屋さんも寄ってみてください!

 さて、ニッケパークタウンに入ってしばらく歩くと、大きな空間に出ました。

 それがこちらです。

f:id:osusumesupotto:20190519120449j:plain

 この空間が、ぽっかりと空いていて、360度見渡せるようになっていました。

 エスカレーターと周りの装飾が綺麗でした。

 1階のこの空間では、イベントが開催されるようです。

 このちょうど反対側に位置する場所には、ちょっとしたステージもありました。

 時々アナウンサーさんが来たり、ダンス発表会なども開催されたりしているようです。

 ステージの前には椅子が沢山あって、ステージを観覧できるようになっていました。

 残念ながら、私が行った時にはステージは使われていなかったのです。

 しかし、代わりにちょっとした体験ができるスペースになっていました。

 1階には、SM2やearthなど、私や連れの者が好きな服屋さんが入っているので、ぶらぶらと見たりしました。

 ユニクロも入っていたのですが、かなり広かったです。

 2階には、「トイザらス」「ベビーザらス」が併設された場所があります。

 この日は1歳にならない甥っ子がいたので、ベビーザらスで服を見たりもしたのです。

 しかし、思わず欲しくなるほどの可愛い服・哺乳瓶・おもちゃがいっぱいでした!

 実際に見てみたら、これは助かるだろうと私は思いました。

 お店を見て回った後は、お昼前だったのでお昼ご飯にしました。

 2階にフードコートがあるのでそこへ行き、「肉タレ屋」の焼肉定食を食べました!

 それがこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190519120536j:plain

 美味しそうじゃないですか?

 これで、800円くらいの値段です。

 おかずの左奥の黄色い一品は、玉子焼きでした。

 甘くて柔らかくて、美味しかったです。

 右奥の一品は、何だろうと思いながら食べました。

 しかし、結局何か分かりませんでした。

 その一品は食感はポテトサラダだったのですが、味はマヨネーズが強くて、最高に美味しかったです。

 そしてメインの焼肉です!

 タレが効いていて柔らかく、食べやすかったし美味しかったです。

 お茶碗も大きめで、かなりお腹いっぱいになりました。

 800円くらいでここまでボリューミーな焼肉定食は初めて食べました!

 ぜひニッケパークタウンに行った時は、お昼ご飯に2階のフードコートの「肉タレ屋」に行ってみてくださいね!

 私が行った時は平日でしたので、広いフードコートは半分も埋まっていませんでした。

 土日は座る所を確保するのが大変なほど人が多いようですので、平日に行ける方は平日がおすすめです。

 土日にしか無理な場合は14時~15時頃なら空いているようなので、お昼の時間をずらして行ってみてるのも良いかもしません。

 まだまだ新しくて、綺麗で、周りにお店もあり、中にはちょっとしたイベント会場もあります!

 そして子連れでも楽しめるし、大人だけでも楽しめる数々のショップが入っていて、お昼ご飯も美味しく食べられる「ニッケパークタウン」です。

 スーパーマーケットもしっかり入っているので、帰りに買い物もできます。

 お買い物ついでに、ぜひ寄ってみてくださいね!

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

ブログはこちらです。

 

▼この記事を編集した編集者

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

お手頃価格で満足度120%のカフェレストランパルテールのランチバイキングに行っていきました

 私は先日、東武野田線・JR線大宮駅西口徒歩10分パレスホテル大宮1階にあるカフェレストランパルテールに行きました。

 私は以前、カフェレストランパルテールに行ったことがありました。

 しばらくの間、カフェレストランパルテールから足が遠のいていました。

 しかし、今回、私は再びカフェレストランパルテールに足を運ぼうと思ったきっかけがありました。

 そのきっかけは地域紙にカフェレストランパルテールが長崎キャンペーンのビュッフェをランチタイムにすると書いてあったからです。

 私は長崎には1回しか行ったことがないので、凄く楽しみと思いました。

 いざ、カフェレストランパルテールへ。

 私が行った時間はお昼より少しだけ早い時間に行きました。

 しかし、既に満席に近い状態で、私はどうにかカウンター席に座ることができました。

 ビュッフェではレギュラーでも提供されていると思われる料理も勿論ありました。

 そこに今回は長崎フェアということで長崎に因んで料理も提供されていました。

 私の長崎のイメージは皿うどんでしたので、長崎皿うどんを取りました。 

f:id:osusumesupotto:20190514092946j:plain

 この麺パリパリ感が何とも言えません。

 私は長崎皿うどんを食べているとウエイトレスが「ピザを食べませんか」と薦めてきました。

 私はピザも食べてみようと思い、ピザも食べることにしました。

 しかし、私のお皿はいっぱいでした。

 次の瞬間、ウエイトレスは一度下がり、ピザを新しいお皿に盛り付けて、持ってきてくれました。

 ビュッフェでこのようなことをしてくれるところは、あまり知りません。

 そうこうしているうちに、お腹がいっぱいになり、少し閉めでデザートを食べてみたいと思いました。

 そこで、私はイチゴに目が留まり、イチゴのカップケーキのようなデザートを食べみました。

f:id:osusumesupotto:20190514093022j:plain

 イチゴが美味しいかったのは当然ですが、生地も程よい甘さで美味しかったです。

 私は一緒にホットコーヒーを飲みました。

 ホテルでのランチというと高い。

 敷居が高いと思う方もいるかもしれません。

 実はホテルでのランチはお手頃な価格で料理を楽しめるところが多いです。

 その中の1つがパレスホテル大宮1階にあるカフェレストランパルテールです。

 パレスホテル大宮では本格的な中華料理店もありますので、特別な感覚を味わいたい方でも満足できます。

 

▼この記事を執筆したライター

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

食材の宝庫といわれる、兵庫県明石市商店街「明石・魚の棚」へ行って来ました!

 皆さんは、兵庫県明石市にある「明石・魚の棚」をご存知でしょうか?

 通商「うぉんたな」と呼ばれる、明石にある海産物の商店街です。

 実は私、初めて行って来ました。

 商店街に入ると、まず飛び込んでくるのはこちらの景観です!

f:id:osusumesupotto:20190519074253j:plain

 天井の「魚の棚」という装飾と、両サイドに並ぶ無数のタコたちが印象的でした。

 私は平日15時半~16時半頃までいました。

 商店街は沢山の人で賑わっていました。

 まず私は、この写真から(入口から)見て、右側のお店を順に見ていきました。

 立ち止まり、少し見ているだけで、「お魚安くするよ!」とお店のおじちゃんやおばちゃんが積極的に私に話し掛けてきました。

 私はかなりの熱気と感じました。

 お店には、美味しそうなお魚を売っているお店・いかなごくぎ煮を販売しているお店・タコ煎餅を販売しているお土産屋さん・天婦羅を販売しているお店など、非常にバリエーションに富んだお店が沢山ありました。

 お魚は見ているだけで美味しそうで、思わず立ち止まりました。

 すると、「カレイ1匹500円だよ!」という声に、私は迷うことなく買いそうになりました。

 しかし、まだ商店街に入ったばかりだったので、「また来ます」と言って素通り・・・しました。

 少し歩いて次に飛び込んで来たのは、丸く調理された天婦羅です。

 美味しそうで、一緒に行った人と「今晩のおかずに良いよね」なんて言いながら歩き続けました。

 お野菜、果物やわさびも売っていて、欲しくなってしまいました。

 そして最大の誘惑は、「いかなごくぎ煮」です!

 ほとんどのお店で、100gが1パックで800円。

 私はくぎ煮美味しいと思いますが、皆さんはどうですか。

 その理由は、ご飯が止まらないほどの美味しさを味わえるからです。

 私は「でもな、800円か・・・」などと言いながら、もう少し先へ進みました。

 実はその日、お土産を買う必要があったのです。

 しかし、私はまだ先で買えるだろうと予想して、結局買わずにラストスポットの魚の棚まで来てしまっていました。

 そのため、「お土産どうしようか」と話しながら進んでいました。

 そんな矢先、1つだけタコ煎餅などのお土産にできそうなお店があったのです!

 タコ煎餅がメインの、同じような系統のお菓子が売っているお店でした。

 私は購入しませんでした。

 しかし、一緒に行った人は知人へお土産を買っていました。

 お土産を買い忘れたという人でも、ふらりと寄って、そこで購入することができます。

 一番奥まで進むのに、ほとんど止まらずに歩いて15~20分くらいでした。

 商店街の終わりに差し掛かり、少し立ち止まってから折り返しです。

 今度は反対側のお店を見ながら、ゆっくりと来た道を戻ります。

 すると、行きでは気が付かなかった可愛いマンホールたちに出会いました。

 その内の1つがこちらです。

f:id:osusumesupotto:20190519074350j:plain

 しかも、「2019年 明石市制施行100周年」とあり、何ともタイムリーなマンホールを発見し、私は嬉しかったです。

 2度目の道は気が付くことも多いので、行かれた時はぜひ往復して楽しんでください。

 私もとうとう買い物をしました。

 お店を眺めながら歩いていると、かなり美味しそうな鯛のお刺身が売っていました。

 しかも全身で、身の部分だけそのままお刺身として食べられるように捌かれています。

 お刺身は私の大好物です。

 それも、鯛はお刺身で食べるのに最も好きなお魚です。

 美味しそうだと思って眺めながら歩くと、「1匹1,000円だけど、800円で良いよ!」と私は声を掛けられました。

 声掛けにも慣れてきて、私は愛想笑いを返しながら数歩行きました。

 しかし、私は「待って、鯛が800円?安い!」と思いました。

 そこで、私は「もう戻るしかない」と思い、すぐ戻り、購入しました。

 どれが良いかなと悩んで、お店の人も一緒に選んでくれて、なるべく大きい鯛を購入しました。

 自宅までは2時間程ありましたが、氷を入れてくれたので、その夜にそのままお刺身として美味しくいただけました。

 その後は、私も家族にお土産を買いました。

 何が良いか迷いました。

 しかし、結局「くぎ煮が一番嬉しいのでは」と思い、くぎ煮をお土産に購入することにしました。(大喜びで大正解でした!)

 そしてくぎ煮は結局自宅にも購入しました。

 「鯛のお刺身にくぎ煮

 「たまには贅沢も良いですよね!」と私は思いました。

 お土産を買ったら、少しテーブルと椅子が外にあるお店で休憩がてら明石焼を少しいただきました。

 お天気も良く、温かい爽やかな風の中でいただく明石焼は、大変美味しかったです。

 もう夕方だったので、遅くなるにつれてお店の人も商品を売ろうと一生懸命になり、歩いているだけで結構な熱気でした。

 お店の雰囲気は昔ながらという感じで、初めて行ったのに何処か懐かしいような気分にもなれました。

 満足のいくお土産も買えて、明石焼もいただいて、大満足でした!

 また大変楽しい時間でした。

 色んなお店があって、どのお店の人も一生懸命で活気のある、魚の棚商店街。

 お魚や干物、明石焼などが好きなら、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

 美味しくて楽しい時間が、あなたを待っていますよ!

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

 

▼この記事を編集した編集者

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

江東区深川江戸資料館内にある横綱大鵬展示コーナーに行ってきました

 私は先日、都営大江戸線東京メトロ半蔵門線清澄白河駅A3出口徒歩3分江東区深川江戸資料館内にある横綱大鵬展示コーナーに行ってきました。

 駅から歩いて行くと、つい気が付かずに通り過ぎてしまうこともあります。

 こちらの写真を目印にしてみると良いかもしれません。

f:id:osusumesupotto:20190429102522j:plain

 横綱大鵬展示コーナーに行く前、私は観覧料が有料だと思っていました。

 恐る恐る江東区深川江戸資料館内に入ってみると、横綱大鵬展示コーナーは無料で観覧できることが分かりました。

 こちらのコーナーでは、大鵬の生い立ち、力士としての活躍が展示されていました。

 実際に生い立ち、活躍を見て、凄い力士だったことが分かりました。

 展示物もいくつかありましたが、写真撮影は不可と判断し、展示物を撮影しませんでした。

 しかし、横綱大鵬展示コーナーの入り口付近にある実物大の等身大は写真撮影可能と書いてありました。

 ここで注意が必要です。

 横綱大鵬展示コーナーは比較的狭いコーナーですので、他の観覧されている方が写真に写りこむ可能性があります。

 ですので、写真を撮影する際には他の観覧されている方が写りこまないようにする配慮、入口付近にあるため、邪魔にならないような配慮も必要です。

 実際に私が撮影した横綱大鵬の実物大の等身大です。

f:id:osusumesupotto:20190429102547j:plain

 どうですか。

 何処か横綱の迫力がありませんか。

 写真では伝わり難いので、実際に足を運ぶ等身大パネルをご覧になることをオススメします。

 近隣には清澄庭園もあり、都心にいながら緑を体感することができます。

 また深川飯というグルメもあるようですので、少し疲れた際には、深川飯を食べてゆっくりと休むのも良いかもしれません。

 

▼この記事に協力して頂いたライター

 ふうちゃんさん

 一眼レフカメラスマートフォンを使用して、写真撮影をしています。
 主にモデルさんを撮影しています。
 撮影した写真は写真の素材を生かすため、加工は一切していません。
 モデルさんを撮影する際、お話はできませんが、腕には自信があります。
 時間制の撮影も承っています。
 また1枚からの写真販売も承っています。

 

▼この記事を執筆したライター

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。

令和元年5月1日にオープンした兵庫県赤穂市にあるGelato Shop TETEへ行き、もっちり感があるきなこ味とリッチミルク味ジェラートを食べてみました!

近頃気温が変わりやすい毎日ですが、暑い日も増えてきましたよね。

 

そんな暑い日。

暑いのが苦手な人はもちろん、私のように寒がりの人でも、一緒に楽しめる方法があります。

 

それは、ジェラートを食べること!

 

ということで、5月1日にオープンしたばかりのジェラート屋さん「Gelato Shop TETE」へ行ってきました!

 

外観はこちらです。

f:id:osusumesupotto:20190509123442j:plain

めちゃくちゃ可愛いですよね。

外観を調べずに行ったので、驚きました。

 

Vサインのような真っ白でオシャレな看板が、晴天に眩かったです。

広いガーデンに牛の置物が沢山置いてあって、白と黒のコントラストが上品な外観となっています。

 

このTETEへの行き方については地図を見れば分かると思うのですが、せっかく直接行ったので、その観点からの行き方をご紹介しておきますね。

 

赤穂市に既にいる前提でお話しますと、まず赤穂市民病院が左手に面する道(千種川沿いではない方)を真っ直ぐ進みます。

 

そのまま「千鳥ヶ浜ロード」に入って、「シーサイドゴルフガーデン」を通り過ぎて最初の十字路を右折します。

 

そのまま走っていると右手側に当ジェラート屋さんTETEが見えてきますので、その角を右折すると右側に駐車場がある、という感じです。

 

「シーサイドゴルフガーデン」の手前の道を右折しても行けるのですが、広くて分かりやすいのはこの方法ですね。

 

ところどころに可愛らしい看板も出ているので、迷うことはなかったです。

 

さあ、そのような感じで無事に着きまして、駐車しました。

駐車場は大きくないですが、皆ジェラートを食べたら帰るので、いっぱいにはならないという感じでしたね。

平日だったのもありますが。

 

中に入ると、まだ新しい建物の匂いがしました。

 

ここは、機械で券を買って店員さんに渡し、ジェラートの味を選んで渡してもらうというシステムでした。

 

機械で「店内」か「持ち帰り」を選ぶことができて、あとはコーン若しくはカップで、シングルなのかダブルなのかを選べます。

そうして券を購入し、その券を店員さんに渡して味を告げるという感じです。

 

ジェラートの味には、一般的なフルーツの味は少なかったです。

クッキークリームのような味とか、トロピカルフルーツ系とか、いちごミルクとか、きなことか、ミルクとか。

その他にも、こだわり抜いたという感じのオリジナリティ溢れる味が沢山ありました。

 

私は、カップのダブルにしていたので、きなこ味と、リッチミルク味を選びました。

 

店内で食べる設定にしていたので、カウンターに座ります。

 

そのジェラートがこちらです!

f:id:osusumesupotto:20190509123521j:plain

入り方もおしゃれですよね。

上がきなこ味で、下に見える白いアイスがリッチミルクです。

刺さっているのはスプーンです。

 

因みにシングルのカップは350円、ダブルだと450円でした。

結構たっぷりと入っているので、これで450円は安いと感じました。

 

きなこ味のジェラートを食べるのは初めてでした。

ドキドキしながらきなこ味を口に運びます。

次の瞬間・・・

 

「美味しい!」

 

と、思わず笑ってしまいました!

 

ジェラートのもっちりした感じと、きなこの味が非常によく合っていました。

最高の気分で、時々下のリッチミルクを混ぜながら食べます。

 

そしてきなこを食べ終わると、リッチミルクの時間。

このリッチミルクも、ミルクの味わいと香りが口いっぱいに広がる美味しさでした。

 

ミルクには、ミルクとリッチミルクの2種類の味があります。

ミルク好きの方は、ダブルにしてミルクとリッチミルクを選び、食べ比べてみるのも良いかもしれませんね。

 

店員さんに「ミルクとリッチミルクどう違うのですか」と聞いたら、リッチミルクはかなり人気です!と教えてもらったので、私は最初からちゃっかりリッチミルクを選びました。

 

食べ終わる頃には結構お腹いっぱいになるので、食後のデザートにする場合はお食事を腹6~7分目くらいにしてから行くのがおすすめです!

 

若しくはおやつで食べるのなら、お腹が空いている時には最適なボリュームと満足感ですよ!

すぐお腹がいっぱいになるという方や小さいお子さんは、シングルにしておいた方が良いかもしれません。

 

店内だけでなく外にも席があったので、もう少し暑くなると外で食べても気持ち良いと思います。

 

おしゃれで可愛いジェラート屋さんで、ぜひ美味しいジェラートを味わってみてください。

 

▼この記事を依頼したライター

高橋 ゆら 兵庫県のWebライターです。文章を書き始めたら止まらないほど、書くことが大好きです。様々なジャンルの記事を執筆しています。

 現在、主に「ランサーズ」にてお仕事を受注しております。

 

▼この記事を依頼したライター

 しんくん

 詳細はこちらでご確認して頂けます。